スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

福祉従事者として・・・

今日も突然なんですが、福祉従事者としての僕自身の気持ちを書いてみたいと思います。

「福祉運営塾」なんて偉そうなタイトルをつけてしまいましたが、実は、僕自身が毎日葛藤しているので、きっと、福祉を必要とする当事者やその家族、そして福祉に携わっている人たちが、『本音話せる場所が欲しい』、って思っているんじゃないかと考えて、このブログをはじめました。だから、「経営」ではなくて、『運営』にこだわったのです(個人的な小さなこだわりですが)。経営は、事業者が主体ですが、運営は事業者も含めて、当事者、家族、働くもの、地域・・・みんなが主体です。これがすごく大切だと思います。

僕は民間企業で5年ほど働いたあと、あるきっかけがあって、社会福祉法人で障がい者福祉(当時の知的障害者入所更生施設)で10年間働きました。もう、天職だと思っていました。30代の中頃で、副施設長に就任し、この法人にいれば一生安泰で、障がい福祉関連団体のなかで(いくつかの組織に入っていました)障がい者福祉を議論したり改善する活動ができたのです。でも、それは、本当に一部の限られた人に与えられる特権で、9割以上の人は、社会福祉法人で出世はできないのです(ちょっと偏見もありますが)。僕はたまたま新規の法人に入りうまくレールに乗れただけ。僕の部下だった優秀な男性たちは、みんな将来の不安を訴え、他の業界に転職していきました。

僕が社会福祉法人で副施設長になった時には、すでに介護保険はスタートしていました。障がい者福祉における規制緩和はほぼ期待できないことから、僕は、「高齢者福祉事業を行う一部上場企業に就職し、そこで明らかな結果を出し、経営層に参画するこで、福祉従事者の待遇改善をする!」と宣言し、退職しました。僕は上場企業が運営する高齢者事業部に所属し、宣言通り、2年で本社の管理職に昇進しました・・・が、一番やらなければいけなかった、現場の処遇改善をするのではなく、現場の犠牲の元に僕が昇進したに過ぎなかった。

今も本当に虚しいです。僕がここでどんなに綺麗事を言っても、現場は日々苦しみながら、なんとか運営している。それを全く改善できていない。つまり、自分自身に限界を感じているんですよね。悔しいなあ。

最近、愚痴が多いですね。前回の介護従事者の給与についても実は愚痴なんだと思います。どこまで出世したら、自分のやりたい福祉ができるのだろう?って悩んだこともありましたが、実は出世なんかしなくても、本気の人はそれを実現している。あまちゃんですねえ・・・まあ、ここで書いてそれが分かったので、今日はそれで良しとします。ただ、僕の愚痴にお付き合い頂いた皆さんには、反省と感謝の気持ちを伝えたいと思います。ありがとうございます・・・でも、ちゃんと復活しますから(笑)。



スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

No title

考えて、頑張って、その報いとして
それなりの給与が与えられたとすると、
今度は自分の理想的な施設を作ろう。。。
などの夢を持てる位の充実感、夢を抱けるような待遇があれば どんどん利用者にもそれれぞれの 個性に合わせた施設を作ることも夢ではなくなりますね。!
これはりようしゃのためにもね。

今の制度では 利用者の個性的選ぶなんてこともできないですしね。

動物が好きな人には それ専用の施設。
子供と接したければ、幼稚園の敷地に施設を作るなど。

こういうことを考えて、いるかたはいるかもしれませんが、公的資金がなければ、
施設介護者がどんなにか夢を持っていても実現したいですね。

ごめんね、🍺飲んだから 話が勝手なこといっていて!

わたし、ヘルパーも持っていないの。
病気だし。
いつか直ったら、障害者、認知症等の施設にお掃除でも関わりたいと思っています。
とてもとても皆さんが大変な思いをしているのですよね。

政治的にもっと注目してもらいたいと思っています。

No title

こんばんは。

自分自身が限界を感じている訳ではなくて、国が限界を感じているのではないでしょうか?ぺてんさんが幾ら頑張っても、国が対策しない限りは、こんな福祉の現状は有りません。

幾ら、ぺてんさんが、様々な困難をいっぺんに背負おうと見ても、
こればかりはどうする事も出来ませんよ。

だって、そんな物でしょ。今の国の政策なんて。

最近は阿部さんが、タクシーの何とかで、550万位でしたっけ?
政治家なんて、あてになりません。

国会の途中、居眠りしている人、不倫している人、様々な不正疑惑をしている癖に、何様だと言いたいです。

その上、安定した多額な収入と、ボーナス。

国会議員の数を減らせと。

この際、東京オリンピックもなしで。

東京電力が減額でボーナスなしでお願いします。

本当の政治とは、今、一番困っている人を最優先するのが、本当の政治だと思います。←このコメントはおこちゃんさんに鍵コメで送りました。

何も、悔しがる事なんて何ひとつ有りませんよ。

だって、今、社会がそういう時代なのだから。

政治家なんていらないよ。むしろ国民一人一人が、こういう事を検討したいというネットでもいいから、それに対して、多数決で政策を決める時代が来てほしい物です。

だって、そうすれば、理想的では有りませんか?

国が多額な借金を抱えているのに、様々な政治家の悪行を許す事は出来ません。

すみません。酔った勢いで、書き殴ってしまいました。

お仕事、無理なさらないで下さいね。

また、自分を責めないでください。

福祉従事者として

こんばんは。
ぺてんさん。

久々にコメントします。

私は福祉業界で働く医療職です。介護職の皆さんより報酬は高いと思います。同じ福祉業界で介護職、相談職、医療職で報酬が異なる。
介護職が報酬が低い理由は何なのでしょうか。
忙しい=報酬が高いは成り立ちません。
看護職も長い時間をかけて自分たちの価値を高めてきました。介護福祉士は制度ができてまだ30年余り、そして業務独占の資格ではありません。

介護職は何をもって報酬をあげる武器とするのか。最近同僚を見ていてそう思います。

ぺてんさんはご自分の事を「現場を犠牲にして」とおっしゃりますが、ぺてんさんはご自分の強みを持って自らの価値を勝ち取っているのだと思います。そしてそれは後ろに続く介護福祉士の皆さんの一つの道しるべになるのです。

週40時間働いて高い給料をもらうだけが豊かな働き方ではないと思います。介護職だからこそできる有意義な働き方そしてライフワークバランスを確立すれば良いのではないでしょうか。
24時間仕事があることを逆手にとって、自分の生活を豊かにするためにどの時間に働くか。また収入を考えて他に何かするのか。他の仕事より魅力的にすることはできますよ!

これほど自分たちの仕事を熱く考えている人がいる職種は中々ないです。私の周りには熱い人が沢山!

人と人とが関わりあうことは生きることです。辛い事も沢山、楽しい事も同じくらい沢山w。この仕事は生きることそのものなのでしょう。

介護職の新しい道をつくってください。でも現場でのふれあいは続けてください~。やはり利用者さんとの触れ合いが一番癒されますから。

世代交代

ブログ本文とはちょっと離れてしまいますが、職場の世代交代について悩んでいます。

デイサービスを開設して10年が過ぎ、立ち上げメンバーは少し立場を引いて、次の世代に任せていっています。
次に任せると決めたので見守っていますが、自分が大切にしていた現場の考えとズレてきています。

利用者さんを大切に考えることはブレている感じはないのですが、スタッフのチームワークの作り方に違和感を感じています。
ちょっとストレスです(苦笑)。

でも世代交代は必要ですし。。。。スッパリと身を引く方がいいのかしら。。。。なんて考えたりします。

ぺてんさんのお考えがあればいつか聴かせてほしいです。

おこちゃんさんへ

おこちゃんさん、こんばんは。

お返事が大変遅くなり申し訳ありませんでした。
ちょっとだけバタバタしていたもので。
そしていつもありがとうございます。
おこちゃんさんのコメント、心の支えになります。

まあ、僕に何ができるかわかりませんが、「本気で僕が何かを変えようと思うなら、それはきっと可能だ!」と考えて、進んでいきたいと思います。

これからもぜひ見守ってください!

おと吉さんへ

おと吉さん、こんばんは。
労わりや励ましのコメント、ありがとうございました!
純粋に嬉しいです。

なのにお返事が遅くなり、すみませんでした(苦笑)。少々バタバタしておりまして。

あんまり大きなことは考えず、自分にできることをしっかりとやったらいいのかなあ」なんてことを思うようになりました。政治の腐敗、確かにありますね。あとで、政治に関して、ちょっと記事にしてみたいと思いますが、ひとまず、政治に左右されない生き方をしてみたいとちょっと考えました(たまたまテレビを見ていてそんな番組があったもので)。

これからもよろしくお願いします!



とんぼ玉さんへ

こんばんは。いつもありがとうございます。

とんぼ玉さんのおっしゃるとおり、介護福祉士は、自分たちの立場を自分たちで作り上げる必要があると思います。自ら仕事の質をあげることでしか、必要性を客観的に認めてもらう方法はないですからね。今度、介護福祉士会にでも行ってみようかなあ、って真剣に考えていたところです。

それは別として、今回のとんぼ玉さんのコメントで、「豊かな働き方」、「自分の生活を豊かにする」という表現に、すごく共感しました。そうなんですよね。自分が「豊かな生活をしている」と感じられることは、お金の多寡や仕事の内容ではない。うん、そんな生き方をしたいですね。

Re: 世代交代

以前、僕もどこかで、「そろそろ次世代を育成する立場になってきたのかなあ」みたいなことを書いた記憶がありますが、はっきりとは覚えていません(いい加減ですみません:笑)。

ただですねえ、もしかしたらそんなことを言っていたとしても、やっぱりやめます(笑)。少なくとも定年するまでは、自分の思いのままに仕事をしてやろうと。とはいえ、年齢を重ねるごとに、自然と発言や行動に、大人としての変化ができていて、それは自分でも心地よいと感じているので、自然と部下や後輩たちを思いやる気持ちを持てるようになったことは大切にしようと思います。

でも、まだまだ、自分としては志半ばです。カーネルサンダースが、ケンタッキーフライドチキンのレシピを作り始めたのも60歳を過ぎてからとききました。若くして素晴らしい仕事をする人もいれば、晩年に自分の想いを成就する人もいるようなので、僕は自分の意欲がなくなるまでは、ジタバタしてみることに決めました!(あくまでも今のところですが:笑)

世代交代2

ぺてんさん。こんにちは。

お返事コメント拝見しました。
なーるほど。世代交代なんのそのですね。

ご存知の通り(笑)仕事の比重がとんぼ玉に移っているので現場にいる時間は減っていますが、現場にいる時は遠慮なくカラーを出していくことにします。

何かスッキリしました。
ありがとうございます!

Re: 世代交代2

はい!その通りです。

今回、久々にゆっくりと自分と向き合う時間ができて(それこそご存知のとおり:笑)、まさに、自分のやりたいことをやり続けることにちょうど決めたところでしたので、きっぱりと返信することができました。

こちらこそ、いろいろありがとうございました(笑)
プロフィール

ぺてん

Author:ぺてん
はじめまして。ぺてんです。
これまで20数年、福祉や教育に携わってきました。
そんな中で、福祉事業に携わる多くの方々、それは経営者だったり、管理職だったり、現場のスタッフ、あるいは利用者本人やその家族かもしれませんが、そんな皆さんの垣根を越えた学びや意見交換の場所が欲しいと思いこのブログを立ち上げました。
ご遠慮なく、どしどしコメントお願いします!なお、このブログは完全リンクフリーですので、こちらへのご連絡なくリンクを貼って頂いただければと思います。
よろしくお願いします!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
福祉・ボランティア
1103位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
福祉情報・ニュース
303位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。