FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

福祉職の給与って?

突然ですが、昨日、2008年本屋大賞受賞作、伊坂幸太郎さん著の「ゴールデンスランバー」を読みました。本屋大賞っぽくはないなあという印象ではありましたが、当たり前に生きることの幸せを想いました。そして、登場人物の「人間にとって最大の武器は習慣と信頼だ」という言葉が印象的でした。

それでは、本題。29日、安倍首相は、来年度予算が成立したことを受けての記者会見の席で、「高い使命感と希望をもって、介護福祉士や保育士の道を選んだ人たちを国をあげて応援していかなければならない。経験に応じた給料アップの仕組みを作りながら、処遇の改善にもしっかり取り組んでいく」という考えを示されたようです。いきなり全てが解決することはないですが、前向きであることに間違いなく、個人的にはとても良いことと思いました。

ところで、「それじゃあ具体的にいくらが妥当なの?」と思いませんか。DODAさんの最近の情報によると、正社員の全ての年代と業種の平均年収は449万円だそうです。「なるほど~結構もらってるな」って思いました。この額、有料老人ホームの施設長の年収ぐらいですよね。ちなみに年代別の年収では、20代で351万円、30代461万円、40代で608万円、50代で730万円だと・・・えっ?そんなにもらってるんだあ~平均ですよ。皆さんどんな印象ですか?

さて、それじゃあ業種別はと思い調べました。「年収ラボ」によると、介護業界の正社員平均年収が450万円になってる!おかしいぞ?ベネッセHD(スタイルケア単体ではないですよ)の平均年収はなんと驚愕の943万円!!つまり、福祉事業を行っている会社というくくりで金額を弾いているので高く出るわけですね。

そこで、もうひと踏ん張り!厚労省が毎年出している「27年賃金構造基本統計」を調べました。ここでは業種を12に分類しています。介護分野は「医療・福祉」になります。出ました!よく議論される「なんで福祉と医療を一緒にするんだ!福祉職の給料が高く見えるじゃないかあ」ってやつですね。その通りでしょうが。まあ、ここでは、月給ベースなんですが、医療福祉の正社員の平均月給は、29万3千円。一番高いのが情報通信業の40万円。二番目は教育・学習支援業の39万5千円、三番目に高いのが金融業・保険業の39万2千円。逆に一番低いのが、宿泊業・飲食業の26万1千円です。医療・福祉業は12種中、8位でした。

今回調べた数字をどのように捉えればいいのだろう???介護職員の給料の実態には届きませんでしたが、何となく現実が見えるなあと思いました。それにしても口説いようですが(実際口説い)、50代正社員の全業種平均年収が730万円というのには愕然としました。何度も言いますが、『平均』ですからねえ。僕もかなり、もっともっと頑張らないと・・・ふああ
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

No title

ペテンさんはじめまして。
m(__)m
履歴がありましたので。。

介護職の給与についてですが、
私は 驚いていたのですよー。

回りに離職されるかたが多い。
腰を痛めて、ヘルパー資格を(当時、こぞってヘルパーは鳴り物?入りだった。)

しかし、実態はそうではなかった。、

今も、続けていらっしゃるかたには 感謝です。

義父も大変小まめにお世話になり感謝しております。

しかし、実態をブログを初めてから知るようになりました。。

現在から何年かは 段階の世代が
あせわになりますから、暫くは 経営としては成り立つかも知れませんが、私の世代になると、人工は減ってきます。

そして、今度は少子化。。

と、なると、先行きは見えない業種になるのでしょう。かぁ。。?


さておき、現時点での給与について。

医療と、介護が一緒に計算されていては
はあくできませんよね!


金持ち医療者についていました。。この数字だけみると、もっと上げようと(医者)国は考えるでしょう。

しかし、介護者給与が含まれているので、数字だけではこのように現れるのですね!

50代平均所得の半分も 介護の資格、責任者はああいただいているのでしょうか?


日曜、夜中でも、担当施設者が 亡くなったり、入院されたり施設を変更したり。。。(-_-)

お花を頂いたこともありますが、ポケットマネーからのお気持ちでした。。


義父の担当のケアマネさんは、婦長さんからケアマネになられたかたなので、婦長当時から 男性並みの給与をいたただいていたし、ご主人も勤め、子供も成人していたから、お花や御菓子等 いたただいておりましたが、

一般の介護職の精神的なストレス、
気遣い、命を預かる責任、重労働を加味した場合、いかがなものなのでしょう。。?

家族では 介護疲れによる不和も起こります。
それを手助けしてくださっている介護職の方。
ありがたかったです。


しかし、はっきり言って
価値に見合わないですよね。
安部さんが、国民の声を拾い上げてくれたの?
「保育園落ちた にほんしね!」が反響となり、やっと、なだめるために、動いた?

そして、介護も。。国民からの声が上がらなければ お坊っちゃま政治家は
我が身にはわからないです。

この発表の数字だけで、改革されても
たいしたこたはないなぁーと、思います。

医療介護の数字を分けなければ~。

私は介護従事職ではありませんが、
福祉給与にたいして 不満を持っているものデス。。

No title

私は60歳でやめるときの年収は450万くらいでした。手取りになると格段におちました。平社員では仕方ないと思っていました。年金も安く生活できないくらいです。今、連れ合いがデイケアーに週3回通っています。介護の仕事をしてくれる人にいつも感謝しています。2割負担で国にも感謝しています。ケアーマネージャさん、介護の職員さん、みなさんやさしいです。

おこちゃんさんへ

おこちゃんさん、コメントありがとうございます!

そして、福祉関連職員へのご配慮、すごく嬉しいです!
特に「命を預かる責任」という点においては、おこちゃんさんのお察しの通りなわけです。
それから厚労省のデータですが、確かに医療と福祉は分けるべきだと思います。

>と、なると、先行きは見えない業種になるのでしょう。かぁ。。?
そうですね。2つの理由でそうなると思います。ひとつは明らかに、必要な事業規模に対して、必要な労働者数が圧倒的に不足することによるものです。都心部では特に深刻で、特養を作ったは良いものの職員が採用できないためオープンできない、こんなことが最近多く見受けられます。もう一つは、収益の不安定性です。介護保険は三年に一度、報酬改定があります。採算性の高い事業の報酬は多くの場合下げられます。だから長期での予算組が難しく、職員の給料も安易にあげられない。しかも採算性が高いといっても、通常の事業の利益率よりはるかに低いのに、です。

まあ、あまり愚痴ばかり言っても仕方がないので、今日は、一日みっちりとドラッカーの本を読んで、今後のすべき対策を一人会議にて検討してみました(笑)。

コメントを頂くと元気がでます。今後もよろしくお願いします。

Re: No title

ふくちゃんさん、コメントありがとうございます!

我が家は4人の子どもがいるので、やはり僕の年収だけでは足りず、ママさんも正社員で仕事をしています。ちなにみケアマネジャーをしていますが、年収はきっと300万円弱ぐらいかと・・・そんなわけで、僕も生きていいれば最低でも65歳までは普通に働いて、その後も仕事を続けていかないと、生活できないんじゃないかなあ?なんて思っています。

それから、連れ合いさん(奥様でしょうか)の通うデイケア職員やケアマネさんのことを褒めて頂きありがとうございます!僕たち福祉の人間は、クレームはたくさん受けますが、褒められることは少ないので、他社のスタッフのことでも褒めていただくと本当に嬉しく思います。ダメな時には、しっかりと指摘していただきたいのですが、何か良い出来事が会った時には、言葉で伝えていただくと、きっとスタッフも頑張る糧になると思います。

これからもよろしくお願いします!

No title

コメント有り難うございました。

介護職の低賃金は何なんなかと。。

少子高齢化の中、国がこの様な対応では不信感が募る一方です。

介護職の大変さは、誰が見ても分かるのに、この対応はないでしょうね。

国がいち早く、対策を検討する事を祈っています。

No title

すみませんでした。。
昨日飲んでいたので 文字の変換で変な言葉が出てきていたりしていました。
今読んでいて、変な文章で恥ずかしくなりました。。(;_;)

意味不明な事を書いてしまいました。
それなのに お返事ありがとうございました。
こういう変なおばさんですが、宜しくね!
f(^_^)ポリポリ

おと吉さんへ

おと吉さん、コメントありがとうございます!

さて、おと吉さんのおっしゃる通り、本当に国が大きな対策を打ってくれることを願います。

が、むしろ国が介護保険制度を導入した段階で、民間企業の力を借りないと、予算が成り立たないことがわかっていたからこそ導入したわけで・・・つまり国が担うべき福祉の責任は、その事業に自主的に参加した事業者に責任があるということになるのだと思います。まあ、理論的には正しいので僕たちも言い訳はできません。

とにかく頑張って、現場の最前線で働くスタッフ達を少しでも楽にできるようにしていきたいと思います!

今後とも宜しくお願いします。

おこちゃんさんへ

おこちゃんさん、こんばんは。

>意味不明な事を書いてしまいました。
いえいえ、全然意味不明なんかじゃありませんよ。

むしろすごく嬉しかったです!心から。

今後もぜひぜひよろしくお願いします!
プロフィール

ぺてん

Author:ぺてん
はじめまして。ぺてんです。
これまで20数年、福祉や教育に携わってきました。
そんな中で、福祉事業に携わる多くの方々、それは経営者だったり、管理職だったり、現場のスタッフ、あるいは利用者本人やその家族かもしれませんが、そんな皆さんの垣根を越えた学びや意見交換の場所が欲しいと思いこのブログを立ち上げました。
ご遠慮なく、どしどしコメントお願いします!なお、このブログは完全リンクフリーですので、こちらへのご連絡なくリンクを貼って頂いただければと思います。
よろしくお願いします!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
福祉・ボランティア
2046位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
福祉情報・ニュース
545位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。