FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

規制緩和について

前回の記事について、かなり誤解を招く発言があったので、もう少しきちんと記載してみたいと思います。

まず僕の問題発言ですが、高額所得者に関する「年間数千万円発言」です。一部の超高級有料老人ホームに入るような人が、
金額や人員基準ではなく、サービスに着眼するように、誰もが人員基準や設備基準ではなく費用対効果を求める!ということをを伝えたかったのです。

規制の一番の問題は、看護職員とか、介護支援専門員とか、生活相談員とか、サービス提供責任者や訪問介護員などの資格要件です。どんなに能力が低い人間であっても、基準の有資格者を配置しないと運営できないから、能力がなくても資格があれば採用する。そして、人件費率は決まっているので、人員がいっぱいだと、新たに優秀な人の応募があっても採用できない。

そして、同じような話ですが、利用者と介護・看護職員の比率といった人員基準です。スーパープレーヤーは1人で10人だってみれますが、逆にマンツーマンでも見れない職員はみれない。でも、人員基準があるので、能力の無い職員も置いておくしかない。もちろん入れ替えのために余剰人員を配置する余裕もない(今の労基に則ると、良い人が採用できたからといって、無能な人間を単純に解雇することはできない)。

本来は資格要件とか人員基準がどうかではなく、サービスの質を利用者自身や家族が評価するほうが適切なのです。スーパープレーヤーに集中的に給料を払うことができれば、給料があがるはずですが、今は、基準を満たすために、その人の資格や人員基準が重視されるので、給料と能力がほとんどリンクしないのです!現行の人員基準が大きくずれているとは思いません。でも、今の人員基準を下回ると減算だったり、入居受け入れ停止だったり、指定取り消しになると思うと、すごく理不尽に思います。特に介護業界に行こうという人が減っているのに。

それと今回はあまり書きませんが、設備基準も明らかに理不尽です!まあ、これはまたの機会にしますが・・・

とはいえ、規制が強くなる理由は、国が福祉を担うことになっている憲法上の問題です。行政が指定する事業所が問題を起こせば国の問題になる。だから、問題があった場合や問題が起こりそうな場合に行政がその事業所に介入できるようにする、これは当然です。

なので難しいんですよね。規制緩和は。国が福祉に原則関与しなくていよいとなれば、規制緩和は進むのですが、現状ではそうはいかない難しい問題なので、規制緩和実施には大きな多数のハードルがあるのは事実です。でも・・・上記の理由から、規制を緩和すれば国(行政)、事業者、そして介護の業界で働く人、そして利用者やその家族ににメリットがあると思います・・・繰り返しますがハードルは極めて高いのですが・・・
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

No title

こんばんは。

昔の一般会社でもこんな感じでしたね。
一部の利益をもたらさない社員を優秀な社員がカバーしている。

以前はこのような社員でも解雇は出来なかったですが、
最近はあの手この手で退社に追い込まれます。

介護の世界に於いてはこのような少し余裕のある体制が必要な気がします。
当然、優秀な人間には相応の報酬を与えるということが当然でしょう。

本当にハードルが高いですね。

能力がなかったわたしは、スーパープレーヤー育成の仕事が重荷でしたが(;^ω^)

こんにちは。
人材が育つまで待てないほど、高齢者の方が増えちゃったのですね。

人員基準もですが、行政の指定を受けるための書類整備などに追われて、高齢者さまへの対応時がおろそかになる本末転倒な場面が増えたように感じていました。

スタッフ同士が呑みに行って熱く語り明かし、高齢者さまから「あんた酒臭い」と介抱していただいた時代が懐かしい(笑)

やたらと規制を作るよりも、年間10万人の介護離職者の方への支援体制も充実していただきたいですね。

よいアイデア、ないでしょうか…

孝ちゃんのパパさんへ

こんばんは。

たぶん、一部の優秀な社員が、会社のほとんどの利益をあげるという
(「パレートの法則(2対8の法則)」でしたかねえ?)論理は、ど
の業界にも成立すると思いますが、介護業界では、そもそも普通の人
が仕事に応募してくれない状況です。

「介護の仕事をしたら夢がある!」そんな職業にならないと、普通の
人は来てくれないです。だから当たり前にそんな仕組みが必要なので
すが・・・

このあたりについて、もうちょっと記事にしてみたいと思います。

さとこさんへ、そう!そうなんです!

こんばんは!

さとこさん、そう、まさにそうなんです!僕もそれが言いたい!!

まさにそうの「そう」のひとつは、「書類」とかの整備です。そしてもう一つは
上司や本社への対応(あ、あ、あ、僕も本社でした!)

本来は、現場のスタッフの皆さんは、利用者さんと向き合うために、低賃金もか
えりみず、この仕事をしてくれているのに、本来すべき仕事に集中できていない
からみんなやめちゃうんです!

僕も措置時代には、スタッフ同士で熱く語りましたねえ!今は、そういう場面が
減りました。仕事として位置づけられちゃったりもしてますね。まあ、仕事なん
ですけど。

あとでもう少し記事にしてみます。

No title

こんばんは。

ん?正直、僕はアホなので良く言ってる事が分かりません(;・∀・)
でも、一般の大手企業で務めている人で仕事が出来る人は、出世して給与が上がりますが、介護職とは、仕事が出来てもそれが
評化出来ず、給与が上がらないって事なのですかね?
アホな頭で頑張って考えて見ましたが、信頼於ける施設ならば、多少、施設の利用額が高くても、利用者を預ける家族側は、信用してそこの施設を利用すると考えますが、その優秀な人達が必死になって、無能って言ったら失礼ですが、そういう人達に指導すれば必然と給料はおのずと上がっていくのではないでしょうか?
仕事の出来ない人を仕事が出来る人がカバーするのは、どこの社会に於いても当然で、今、すぐ解雇するとかの対応になってますが、それでは、あんまりではないかと思っていますが。。
勿論、仕事の出来ない人はカバーを受けながら、努力をしないといけませんけどね。。
給料が高くなれば、人員不足などなくなると思っているし、そうやって優秀な人達が蓄積されていけば「行政が指定する事業所が問題を起こせば国の問題になる。」といった事は必然となくなるのではないのではないでしょうか@@?規制緩和が難しいと言っている前に、この理不尽な介護職の現場を、仕事も出来る人も出来ない人も投げやりになって行動を起こしていない様な気がしていますが・・・あれ?僕、相当アホな事言ってるんですかね・・?
アホな事、言ってるんだったら失礼しました。病み上がりはとっとと寝ます💦

おと吉さんへ

おと吉さん、こんばんは。

いやいや、アホなんかじゃないですよ。むしろ僕の説明があいまいなだけです。

有料老人ホームなどの入居系サービスはまだ良い方です。自信があれば家賃や管理費等の増額が可能ですから(もちろん今の制度では、算定根拠とか出さないといけないですけど)。でも、訪問介護や通所介護などは、勝手に自費サービスを入れて良いわけでないので、収入(介護給付)が一定額になります。それを分配するしかないから給料を上げようがない。それこそバカな話と思われるかもしれませんが、「訪問介護員に指名料の設定が可能!」とかできたらその人の給料を上げることも可能なのですが・・・
プロフィール

ぺてん

Author:ぺてん
はじめまして。ぺてんです。
これまで20数年、福祉や教育に携わってきました。
そんな中で、福祉事業に携わる多くの方々、それは経営者だったり、管理職だったり、現場のスタッフ、あるいは利用者本人やその家族かもしれませんが、そんな皆さんの垣根を越えた学びや意見交換の場所が欲しいと思いこのブログを立ち上げました。
ご遠慮なく、どしどしコメントお願いします!なお、このブログは完全リンクフリーですので、こちらへのご連絡なくリンクを貼って頂いただければと思います。
よろしくお願いします!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
福祉・ボランティア
2046位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
福祉情報・ニュース
545位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。