スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第三次阿部再改造内閣

8月3日、第三次阿部再改造内閣が発表されました。
「介護離職ゼロ」、「一億総活躍社会」の実現に向けてさらに力を入れていくとのことです・・・が。

介護職員の処遇改善の前倒し(といっても月に1万円じゃあねえ)と介護ロボットの普及(ICT化と合わせてこちらがメインでしょう)、そして現場の書類の半減(先日たまたま行政の実地検査がありましたがアセスメントが薄いと・・・ケアプラントと計画書の連動性など多くのご指導があり、書類が倍増することはあっても半減することはないような)など最優先課題の経済対策に盛り込まれました。

ちょっとブラックコメントが多くなりましたが、僕自身は国の政策については、財政健全化を視野に入れると仕方ないと思います。ただ、だからといって、この施策で福祉が良くなるとも思えない。今日も現場でたくさんの職員さんと面談してきましたが、現場は完全に疲弊しています。他の産業と比べて明らかに給料は安い、家族や本社から出来ていないことばかりを指摘され、本来評価されるべき取り組みは無視される。これでは現場の人たちは持たないですよね。

ここで何度も提案していますが、この状況を打開するのは規制緩和しかないんです。規制を緩和すれば、介護職の一千万円プレイヤーを生み出すことも可能なのです。日本国憲法について、集団的自衛権を議論する前に、「福祉を国が行う」という解釈について、改革を行うべきなのです!第二種福祉事業が正当化され、社会福祉法人改革が議論されている今こそ、規制を緩和する。ユーザーから問われるのは、「どのような人員配置でサービスを提供しているか?」ではなく、「どのような利益を得られるか?」なのです。年間数千万円の支払いを全く苦にしない人たちもいます。、むしろ数千万円払っても、最高のサービスを受けたい人は多いのです。また、数千万円はないにしても、人員基準より、安くて良質なコストパフォーマンスの高いサービスを提供してくれることを求める人は本当に多い。

介護事業で不要なコストがかかる理由は明らかに人員基準です。それから設備基準です!人員基準や設備を評価するのではなく、顧客満足度を評価する基準にシフト変換すれば、必ず良い方向に向かいます!!厚労省の人に是非わかってもらいたいなあ。厚労省に意見を言える、そういう立場に自分がならなきゃいけないんですよね・・・でも、努力不足だなあ。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

No title

こんばんは。

ロボットの普及化は反対です。

これから、いろんな職種がロボットになる。

それを頼りにしている人は何を糧にして生きればいいのでしょう?

「他の産業と比べて明らかに給料は安い、家族や本社から出来ていないことばかりを指摘され、本来評価されるべき取り組みは無視される。これでは現場の人たちは持たないですよね。」

ぺてんさんのいう通りその通りだと思っています。介護職程、納得

いかない事はないのです。実に理不尽です。


「年間数千万円の支払いを全く苦にしない人たちもいます。、むしろ数千万円払っても、最高のサービスを受けたい人は多いのです。」

ああ。この事はお金持ちの戯言ですね。そう捉えますけど。

御免なさいね。

お仕事、無理なさらないで下さいね。

No title

こんばんは。

国や地方が厚い援助をしてくれることが
一番の課題ですよね。

10年以上前に介護職の未来がバラ色と言われていたのが信じられません。

介護される本人も介護に従事している人も今、
言い方は悪いですが地獄絵図の世界にいるみたいですね。

規制を緩和すると、
お金持ちが益々優遇されるということはないのでしょうか?

みなさんが自分の問題として捉える風潮を作り上げたいです。

おと吉さんへ

返信遅くなりすみませんした。いつもですが(重ねてすみません)。

ロボットは僕も反対ですが、産業の流れは必ずこの方向に向かってしまう。
対人援助までがそうなるのか・・・でも、そうなってしまうのでしょう。僕も残念です。

「数千万円発言」については、ちょっと主旨を逸脱しているので、ちゃんと書き直しますね。
こういう人は、実際にいますが世の中の1%程度なので、不適切でした。でも、おと吉さん
のように、しっかり指摘していただくのは、goodです!今後もお願いします!

孝ちゃんのパパ さんへ

介護保険事業が始まるとき、国は、民間企業をあおりました。市場規模が大きく将来性のある事業だと・・・でも、実際は違います。国でまかないきれない福祉を民間ができる形にして、そのつけを企業に押し付けた。介護保険開始当初は、本当にどの企業も儲かりました。そういう構造にしたからです。でも、参入企業が増えたところで、徐々に介護報酬を引き下げ、現在の状況に至っています。倒産企業数は前年度が最大で、今後も増えていきます。利益を出しているのは一部の有力企業で、その企業が全体の数値を引き上げ、中小企業は今後も厳しい経営がなされることは明らかです。

>「規制を緩和すると、 お金持ちが益々優遇されるということはないのでしょうか? 」

すみません。このあたりの文章は、僕の表現が悪かったので、このあと書き直します。

ただ、本質的には、医療も介護も今のままでは国(官僚というべきでしょうか?)の手の中です。とはいえ財政健全化もあるので、今の流れを否定もできない・・・僕の言う規制緩和について、もう一度きちんと書いてみますね。

プロフィール

ぺてん

Author:ぺてん
はじめまして。ぺてんです。
これまで20数年、福祉や教育に携わってきました。
そんな中で、福祉事業に携わる多くの方々、それは経営者だったり、管理職だったり、現場のスタッフ、あるいは利用者本人やその家族かもしれませんが、そんな皆さんの垣根を越えた学びや意見交換の場所が欲しいと思いこのブログを立ち上げました。
ご遠慮なく、どしどしコメントお願いします!なお、このブログは完全リンクフリーですので、こちらへのご連絡なくリンクを貼って頂いただければと思います。
よろしくお願いします!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
福祉・ボランティア
1103位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
福祉情報・ニュース
303位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。