スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ICT

いやあ~ばたばたしていて、またしてもすっかり記事をさぼっていました。

改めて、いつも訪問していただいている皆さんに本当に感謝しています。ありがとうございます。
出来るだけ、ちゃんと記事を書いていきたいと思います。

それで、今日はICTについてです。昔はITと言っていましたが、「C]が入ったんですよね。インフォメーションテクノロジーに、コミュニケーションが入ったわけです。

さて、介護業界で一番厄介なのは「記録」です。手書きで食事摂取量や排泄量、食事や水分量、服薬状況などを書いて、それをまたしても記録ソフトに入力する・・・明らかに、無駄で、本当に現場を苦しめています。厚労省は、このような介護現場の事務処理を半分以下にするとしていますが、実際に大きな変化が出てきています。Wi-Fi環境が適切であることが必須ですが、各所に設置された赤外線カメラを通じて、利用者の行動をコンピュータが認識し、その行動を画像に記録するとともに、データとしても蓄積する。例えば、トイレに行った回数だとか、睡眠時間(心拍や呼吸数の把握も可能)、活動量の把握などが自動的にエクセルデータ等に取り込めるのです。今後このようなシステムはさらに進化するでしょう。

で、ICTと関連して、AI(人工知能)の進化です。わりと知られているのがペッパーくんですね。人間の発言や行動に対して、コミュニケーションをとってくれます。ただし、現状では、登録された行動や発言に対して、クラウドを利用して回答しているだけであって、AIと呼ぶにはまだまだなのかなあと。今の技術では、ペッパーくんが自己学習をするには、3万以上の経験(データの蓄積)が必要だそうです。でも、業者さんは、人には話したくないことを、ロボットを通じてなら話せるという研究データをもとに営業されています。まさにICTの「C」ですね。

僕は、現代の介護業界に裁判が当たり前に行われるようになってきた背景を考えると、記録の重要な意味が、以前は「その人らしさを知って、支援に活かす」から、「法的意味合いで自分たちを守る」時代にシフトしてしまっているように思います。とても残念ですが、可能な限り現場の負担を軽減し、万が一のときにリスクを回避できる仕組みは、今後必須なのでしょう。綺麗事ではなく、実際に、法人が訴えられる時代から、介護者個人が訴えられる時代になっています。だから、社員を守るためにもICT技術は不可欠になると思います。

でも、最後は、事業者と利用者が共にリスクを分かち合う仕組みを導入する以外には、この事業は成り立たないのです。今後、このことに実例を交えてコメントしたいと思いますが、今日はこんなところで。
スポンサーサイト
プロフィール

ぺてん

Author:ぺてん
はじめまして。ぺてんです。
これまで20数年、福祉や教育に携わってきました。
そんな中で、福祉事業に携わる多くの方々、それは経営者だったり、管理職だったり、現場のスタッフ、あるいは利用者本人やその家族かもしれませんが、そんな皆さんの垣根を越えた学びや意見交換の場所が欲しいと思いこのブログを立ち上げました。
ご遠慮なく、どしどしコメントお願いします!なお、このブログは完全リンクフリーですので、こちらへのご連絡なくリンクを貼って頂いただければと思います。
よろしくお願いします!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
福祉・ボランティア
1103位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
福祉情報・ニュース
303位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。