FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「ターミナルケア」を簡単に語るべきではない

僕は、介護の現場において、何度か入居の利用者さんの「最後」に立ち合わせていただきました。今思うと、自分のしてきた対応について、恥ずかしいこともいっぱいあります。自分では、家族の気持ちに向き合っているつもりでいても、どこか自己満足の向き合い方をしていたんじゃないか?ってそんなことを思います。はじめて、利用者さんがご逝去されたとき、それは病院でしたが、すぐに駆けつけてお別れをして、帰りに車の中でおもいっきり泣きました。すごい認知症で、息子さんのお嫁さんがが、その利用者さんから虐待されてて、もう限界だということで入居されました。そのとき、お嫁さんは、認知症だってわかってなかったようですが。入居してすぐは、現場のスタッフは本当に苦労していたので(当時僕は施設長でした)、日中は、事務所で過ごしてもらいました。はじめは怒ってばかりで、「家に帰る」ってずっと言っていたけど、事務所の整理整頓をお願いしたり、僕が当時敷地に畑をつくろうと思って地面を掘ったりするとき一緒に見ててもらったり、散歩とかしてたら、だんだん「家に帰る」という言葉が、会話のきっかけの冗談みたいに笑顔で言うようになって、僕も「勘弁してくださいよ」みたいに笑って答えるような関係になりました。その方は書道の達人で、僕に何枚かの色紙に素晴らしい字を書いてくれました。「なんて書いてあるんですか?」って真剣に聞きましたが、「花だよ」ってやさしく教えてくれました。その利用者さんが、ご逝去されたあと、お嫁さんがこんなことをおっしゃいました。「家では本当に厳しい義母で、私たちに笑顔を見せることはほとんどありませんでした。でも、ここにいるとき、心から笑っているところ何度もみました。正直、悔しかった。でも、義母はここいて幸せだったんでしょうね」と。思い出すと、今でも涙が出ます。本当に暖かい利用者さんでした。何度も看取りにかかわっているうちに、こなれてきて、上手な受け答えができるような人間に成り下がってしまっていた。

今日のテーマは、実は高齢者のことだけではなくて、病気で亡くなる方のことも含めて書いておきたいと思ったのです。何歳だったら大往生なのか?死と向き合う本人、その人を支える家族、ホントはどんな思いなんだろう?友達とか自分の子どもとか大切な人を亡くすことは受け入れられるのか?これは僕自身への戒めですが、たった何件かの死に立ち会っただけで、偉そうに語ってはいけないですね。

実は僕にとって大切な仲間が、若くして病気の治療を断念することになりました。これまで、生きるために懸命に治療を行ってきました。でもその人は、治療によりただ長く生きることより、治療を受けずに元気で活動できる時間を長く持つことで、最後の時間を幸せに生きるという決断をしました。かける言葉がみつかりません。涙がとまりませんが、その意味もよくわかりません・・・なんでこんなに泣いているのだろう?その理由がちゃんと分かったら、もっともっと本気で利用者さんと向き合う仕事ができるんだろうと思うのです。

その仲間には、今の時点では「僕にできることがあったらなんでも言ってほしい」ってメールで伝えました。でも、自分の気持ちの整理がついたら、「ありがとう」って伝えようと思っています。これまでの付き合いの中で、教えてもらったことがたくさんあって、そのことが、これから僕が生きる上でずっとずっと大切な芯になると思うから・・・でも、一番つらいのは本人なのでしょうが、僕も久々にきついな・・・僕もそんなに簡単に気持ちの整理なんてできないし、本人はもっと気持ちの整理ができてなくて。真剣に、真剣に、そして真剣に自分ごととして何ができるか考えてみようと思っています。
スポンサーサイト

ウルグアイのムヒカ元大統領

昨日、どこかのテレビ番組で、「世界で最も貧しい大統領」みたいなタイトルの放送がありました。普段はテレビはあまり見ないのですが、たまたま時間があってみたらとても素晴らしい内容でした(とはいえ見たのは2時間番組のなかの後半の45分ぐらいですが)。ウルグアイの元大統領「ムヒカ」さんに関するものでした。適切な表現をみつけることが難しいのですが、大統領は多数決で選ばれるのだから、大統領も多数派の人と同じ生活水準で暮らすべき、すなわち一般市民と同じような暮らしをすべきだと考える方のようです。とはいえその背景には、国民の真の幸せを考え、必要な政治をすることに対して、揺るがない情熱を持ち合わせているのです。

さて、番組の中で、「今欲しいもの」みたいな質問をウルグアイ及び日本の若者にインタビューした結果を示していました。日本の若者の一位は「時間」、二位は「お金」でした。ウルグアイの若者は治安とか平和が上位だったように思います(不正確ですが)。ムヒカさんは、「時間を何のために使うのかが重要」だといいました。時間を大切な人のために使うことは素晴らしい、でもお金を稼ぐためだけに使うのであればそれは適切ではないと。そして、お金に執着しすぎないで欲しい、お金がたくさんあることが「豊か」な訳ではないのだと。目標や夢を持ち続けることの大切さを語っておられたのです。スタジオの人たちはどこかネガティブな雰囲気があったように僕には感じられましたが、僕はこの言葉を素晴らしい言葉として聞きました。でも、気持ちは感動していても、自分はお金という鎖に繋がれているとも思いました。どうして、ムヒカさんの言葉に感動できるのに、実際にはそのように行動できないのだろう?と。そのあと2時間ぐらいと、今日半日ほど、そのことの真意について、自然と考えてしまいました。もちろん答えなんかでませんが・・・。

まあ、でも久々に有意義な時間となりました!ムヒカさんは、「貧しい」と表現されてしまいましたが、決して貧しくなんかない。むしろ「豊か」なのです。そして、政治家としての決断も揺るぎない。政治家としての自分の考えや決断に誇りももっておられることでしょう。自分の人生を見つめ直す素晴らしい機会となりました!

福祉従事者として・・・

今日も突然なんですが、福祉従事者としての僕自身の気持ちを書いてみたいと思います。

「福祉運営塾」なんて偉そうなタイトルをつけてしまいましたが、実は、僕自身が毎日葛藤しているので、きっと、福祉を必要とする当事者やその家族、そして福祉に携わっている人たちが、『本音話せる場所が欲しい』、って思っているんじゃないかと考えて、このブログをはじめました。だから、「経営」ではなくて、『運営』にこだわったのです(個人的な小さなこだわりですが)。経営は、事業者が主体ですが、運営は事業者も含めて、当事者、家族、働くもの、地域・・・みんなが主体です。これがすごく大切だと思います。

僕は民間企業で5年ほど働いたあと、あるきっかけがあって、社会福祉法人で障がい者福祉(当時の知的障害者入所更生施設)で10年間働きました。もう、天職だと思っていました。30代の中頃で、副施設長に就任し、この法人にいれば一生安泰で、障がい福祉関連団体のなかで(いくつかの組織に入っていました)障がい者福祉を議論したり改善する活動ができたのです。でも、それは、本当に一部の限られた人に与えられる特権で、9割以上の人は、社会福祉法人で出世はできないのです(ちょっと偏見もありますが)。僕はたまたま新規の法人に入りうまくレールに乗れただけ。僕の部下だった優秀な男性たちは、みんな将来の不安を訴え、他の業界に転職していきました。

僕が社会福祉法人で副施設長になった時には、すでに介護保険はスタートしていました。障がい者福祉における規制緩和はほぼ期待できないことから、僕は、「高齢者福祉事業を行う一部上場企業に就職し、そこで明らかな結果を出し、経営層に参画するこで、福祉従事者の待遇改善をする!」と宣言し、退職しました。僕は上場企業が運営する高齢者事業部に所属し、宣言通り、2年で本社の管理職に昇進しました・・・が、一番やらなければいけなかった、現場の処遇改善をするのではなく、現場の犠牲の元に僕が昇進したに過ぎなかった。

今も本当に虚しいです。僕がここでどんなに綺麗事を言っても、現場は日々苦しみながら、なんとか運営している。それを全く改善できていない。つまり、自分自身に限界を感じているんですよね。悔しいなあ。

最近、愚痴が多いですね。前回の介護従事者の給与についても実は愚痴なんだと思います。どこまで出世したら、自分のやりたい福祉ができるのだろう?って悩んだこともありましたが、実は出世なんかしなくても、本気の人はそれを実現している。あまちゃんですねえ・・・まあ、ここで書いてそれが分かったので、今日はそれで良しとします。ただ、僕の愚痴にお付き合い頂いた皆さんには、反省と感謝の気持ちを伝えたいと思います。ありがとうございます・・・でも、ちゃんと復活しますから(笑)。



福祉職の給与って?

突然ですが、昨日、2008年本屋大賞受賞作、伊坂幸太郎さん著の「ゴールデンスランバー」を読みました。本屋大賞っぽくはないなあという印象ではありましたが、当たり前に生きることの幸せを想いました。そして、登場人物の「人間にとって最大の武器は習慣と信頼だ」という言葉が印象的でした。

それでは、本題。29日、安倍首相は、来年度予算が成立したことを受けての記者会見の席で、「高い使命感と希望をもって、介護福祉士や保育士の道を選んだ人たちを国をあげて応援していかなければならない。経験に応じた給料アップの仕組みを作りながら、処遇の改善にもしっかり取り組んでいく」という考えを示されたようです。いきなり全てが解決することはないですが、前向きであることに間違いなく、個人的にはとても良いことと思いました。

ところで、「それじゃあ具体的にいくらが妥当なの?」と思いませんか。DODAさんの最近の情報によると、正社員の全ての年代と業種の平均年収は449万円だそうです。「なるほど~結構もらってるな」って思いました。この額、有料老人ホームの施設長の年収ぐらいですよね。ちなみに年代別の年収では、20代で351万円、30代461万円、40代で608万円、50代で730万円だと・・・えっ?そんなにもらってるんだあ~平均ですよ。皆さんどんな印象ですか?

さて、それじゃあ業種別はと思い調べました。「年収ラボ」によると、介護業界の正社員平均年収が450万円になってる!おかしいぞ?ベネッセHD(スタイルケア単体ではないですよ)の平均年収はなんと驚愕の943万円!!つまり、福祉事業を行っている会社というくくりで金額を弾いているので高く出るわけですね。

そこで、もうひと踏ん張り!厚労省が毎年出している「27年賃金構造基本統計」を調べました。ここでは業種を12に分類しています。介護分野は「医療・福祉」になります。出ました!よく議論される「なんで福祉と医療を一緒にするんだ!福祉職の給料が高く見えるじゃないかあ」ってやつですね。その通りでしょうが。まあ、ここでは、月給ベースなんですが、医療福祉の正社員の平均月給は、29万3千円。一番高いのが情報通信業の40万円。二番目は教育・学習支援業の39万5千円、三番目に高いのが金融業・保険業の39万2千円。逆に一番低いのが、宿泊業・飲食業の26万1千円です。医療・福祉業は12種中、8位でした。

今回調べた数字をどのように捉えればいいのだろう???介護職員の給料の実態には届きませんでしたが、何となく現実が見えるなあと思いました。それにしても口説いようですが(実際口説い)、50代正社員の全業種平均年収が730万円というのには愕然としました。何度も言いますが、『平均』ですからねえ。僕もかなり、もっともっと頑張らないと・・・ふああ
プロフィール

ぺてん

Author:ぺてん
はじめまして。ぺてんです。
これまで20数年、福祉や教育に携わってきました。
そんな中で、福祉事業に携わる多くの方々、それは経営者だったり、管理職だったり、現場のスタッフ、あるいは利用者本人やその家族かもしれませんが、そんな皆さんの垣根を越えた学びや意見交換の場所が欲しいと思いこのブログを立ち上げました。
ご遠慮なく、どしどしコメントお願いします!なお、このブログは完全リンクフリーですので、こちらへのご連絡なくリンクを貼って頂いただければと思います。
よろしくお願いします!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
福祉・ボランティア
2046位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
福祉情報・ニュース
545位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。