FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ICT

いやあ~ばたばたしていて、またしてもすっかり記事をさぼっていました。

改めて、いつも訪問していただいている皆さんに本当に感謝しています。ありがとうございます。
出来るだけ、ちゃんと記事を書いていきたいと思います。

それで、今日はICTについてです。昔はITと言っていましたが、「C]が入ったんですよね。インフォメーションテクノロジーに、コミュニケーションが入ったわけです。

さて、介護業界で一番厄介なのは「記録」です。手書きで食事摂取量や排泄量、食事や水分量、服薬状況などを書いて、それをまたしても記録ソフトに入力する・・・明らかに、無駄で、本当に現場を苦しめています。厚労省は、このような介護現場の事務処理を半分以下にするとしていますが、実際に大きな変化が出てきています。Wi-Fi環境が適切であることが必須ですが、各所に設置された赤外線カメラを通じて、利用者の行動をコンピュータが認識し、その行動を画像に記録するとともに、データとしても蓄積する。例えば、トイレに行った回数だとか、睡眠時間(心拍や呼吸数の把握も可能)、活動量の把握などが自動的にエクセルデータ等に取り込めるのです。今後このようなシステムはさらに進化するでしょう。

で、ICTと関連して、AI(人工知能)の進化です。わりと知られているのがペッパーくんですね。人間の発言や行動に対して、コミュニケーションをとってくれます。ただし、現状では、登録された行動や発言に対して、クラウドを利用して回答しているだけであって、AIと呼ぶにはまだまだなのかなあと。今の技術では、ペッパーくんが自己学習をするには、3万以上の経験(データの蓄積)が必要だそうです。でも、業者さんは、人には話したくないことを、ロボットを通じてなら話せるという研究データをもとに営業されています。まさにICTの「C」ですね。

僕は、現代の介護業界に裁判が当たり前に行われるようになってきた背景を考えると、記録の重要な意味が、以前は「その人らしさを知って、支援に活かす」から、「法的意味合いで自分たちを守る」時代にシフトしてしまっているように思います。とても残念ですが、可能な限り現場の負担を軽減し、万が一のときにリスクを回避できる仕組みは、今後必須なのでしょう。綺麗事ではなく、実際に、法人が訴えられる時代から、介護者個人が訴えられる時代になっています。だから、社員を守るためにもICT技術は不可欠になると思います。

でも、最後は、事業者と利用者が共にリスクを分かち合う仕組みを導入する以外には、この事業は成り立たないのです。今後、このことに実例を交えてコメントしたいと思いますが、今日はこんなところで。
スポンサーサイト

スマートウェルネス住宅

随分あいだが空いてしまいましたが、介護保険改正を考える第二弾!

これから先は、うまくいくかどうかは別として、国は「地域包括ケア」を推進するしかないわけです。なんども言いますが、医師不足、財源不足、介護人材不足では、進めるしかないわけですね。一番の目玉であった、定期巡回・随時対応型訪問介護看護事業は、申請件数が少なくかなり苦戦しているようです。そんなこともあって、市区町村への軽度者移行やボランティアを含めた地域資源の積極活用、それに伴う多少の規制緩和などが不可欠で、目を離してはいけない時期です。

さて、そんな中で今日はちょっと視点を変えた、地域ケアのあり方、そう、表題にもある「スマートウェルネス住宅」について話してみたいと思います(とんぼ玉さん、いつもご提案ありがとうございます!)。

国交省は、「コンパクトシティ+ネットワーク」、「空き家の活用と中古住宅・リフォーム市場活性化」などとともに、「子育て支援・福祉施策等と連携した住宅等の整備促進」を図るスマートウェルネス住宅の整備を施策としてあげてきました。子育て支援や高齢者福祉の問題を同時に解決しようとする考え方で、なかなか画期的なアイデアです。高齢者事業について、横浜市では学研さん関連、中野区では積水さん関連の企業が大規模な関与をするようですね(正確ではないので、何か情報がある方は教えてください)。サ付きや子育て支援型賃貸住宅を建てることはもちろん、託児所やクリニックなどを敷地内に併設して、複合機能+他世代間交流を図ることで、問題解決の糸口を作ろうとするものです。居宅や地域包括をはじめ、その他サービス事業所の設置も明らかでしょう。

国はこうした事業に補助金を出しますが、大手の参入により、開業初期のランニングコストや事業の継続性に関するリスクを回避できるため、このような大規模な事業を展開することが可能となります。今後もこのような流れは増えるでしょう。

ところで・・・、ということは・・・・皆さん、もうお分かりですか???そう!大企業、大規模中心の福祉施策が、今後もより鮮明になっていくということなのです。ここで何度も指摘していますが、確実にその流れは足元に近づいています。特にフランチャイズ型デイサービスは要注意です。すでに多くのオーナーさんが、違約金を支払い撤退している現状があるようです。

さあ、介護事業で生き残るには、今後詳しく書いていきたいと思いますが、とにかく目先の数字よりも、平成30年度を迎える4月の段階で、どれだけ地域ニーズに対応するサービスが提供できているかです!キーワードは「地域ニーズへのアプローチ」だと思います。

福祉や医療、教育あれこれ

いやいや、すっかりぱったりお休みしてました!
現実と向き合い、真面目に仕事をしていた証でもありますが(笑)。

さて、今日はあれこれ書いてみたいと思います。

高齢者福祉においては、相変わらず軽度利用者問題?が話題になっていますが、僕が各種の事業関係者からヒアリングした感じだと、業界では、要介護2までの各種切り捨てはオーソライズされているように思えます。したがって、大手はその対策に追われています。それから、ロボット技術の導入ですね。赤外線による管理システムなど、極めて価値が高い技術がりますが、なにより値段が高い!助成金もありましたが、申請が多く、結局大規模導入は難しい状況で、これでは「意味がないなあ」と個人的に思います。とはいえ、今後主力になるのは間違いないですね。ちょっと気になるのは、自由会話型ロボットが多数出ている中で、先日営業担当者が、「職員には言えないことをロボットになら話せるという時代が来ている」というコメントです。現場の質の低下を物語っているように思え、現場上がりの僕としては極めてさみしいですが、それも現実なのでしょう。

医療では、訪問診療の見直しが行われ、真面目にやってる地域医療機関が少し評価される改訂になりました。とはいえ、まだまだ不十分な改正ですね。集合住宅で9名の登録までは、そこそこの医学総合管理指導料が給付される仕組みになり、在宅医療機関が今後どのような運営を行うのかについて、注意深く見守りたいと考えています。

そして教育です。情報技術の推進により、子どもたちに求められるメディアリテラシー(情報を読み解く力)が大きくなっています。でも、子どもたち自身では、スマホとかそんな難しい気持ちはなく、便利なツールとして利用し、その活用方法の誤りで、意図的または無意識に友達を傷つけてしまうようなことが増えています。どうして、あんな高価で、なんのメリットもないものを親は子どもに与えるのか?疑問でなりません。ゲームも同様ですが、同じ親として理解に苦しむのです。まあ、それはさておき、最近の教育会では、「ユニバーサルデザイン」を学校教育に取り入れようとすることが活発化されているようです。20数年前は、「インテグレーション」とか「インクルージョン」とかいう言い方で、障害のある子もない子も、ともに育てていこう、みたいなものでした。現在は、様々な理由からIQが60~100というところの子どもたちへの教育(ちょっと言い方は悪いですがボーダーにあたる子)にユニバーサルデザインの考え方を取り入れているようです。

今後も大きな変化の時代が続くと思います。それでも最後に大切になるのは、ひととひとのつながりだと思うのです。福祉や医療、教育が冷たい場所にならないように、当事者や地域の力が必要になると思います。様々な制度の改革やロボット技術など、必要な変化もありますが、血の通った、温かい活動をみんなで地道に続けることは、もっともっと大切だなあ、とつくづく思う今日このごろです。

福祉職の給与って?

突然ですが、昨日、2008年本屋大賞受賞作、伊坂幸太郎さん著の「ゴールデンスランバー」を読みました。本屋大賞っぽくはないなあという印象ではありましたが、当たり前に生きることの幸せを想いました。そして、登場人物の「人間にとって最大の武器は習慣と信頼だ」という言葉が印象的でした。

それでは、本題。29日、安倍首相は、来年度予算が成立したことを受けての記者会見の席で、「高い使命感と希望をもって、介護福祉士や保育士の道を選んだ人たちを国をあげて応援していかなければならない。経験に応じた給料アップの仕組みを作りながら、処遇の改善にもしっかり取り組んでいく」という考えを示されたようです。いきなり全てが解決することはないですが、前向きであることに間違いなく、個人的にはとても良いことと思いました。

ところで、「それじゃあ具体的にいくらが妥当なの?」と思いませんか。DODAさんの最近の情報によると、正社員の全ての年代と業種の平均年収は449万円だそうです。「なるほど~結構もらってるな」って思いました。この額、有料老人ホームの施設長の年収ぐらいですよね。ちなみに年代別の年収では、20代で351万円、30代461万円、40代で608万円、50代で730万円だと・・・えっ?そんなにもらってるんだあ~平均ですよ。皆さんどんな印象ですか?

さて、それじゃあ業種別はと思い調べました。「年収ラボ」によると、介護業界の正社員平均年収が450万円になってる!おかしいぞ?ベネッセHD(スタイルケア単体ではないですよ)の平均年収はなんと驚愕の943万円!!つまり、福祉事業を行っている会社というくくりで金額を弾いているので高く出るわけですね。

そこで、もうひと踏ん張り!厚労省が毎年出している「27年賃金構造基本統計」を調べました。ここでは業種を12に分類しています。介護分野は「医療・福祉」になります。出ました!よく議論される「なんで福祉と医療を一緒にするんだ!福祉職の給料が高く見えるじゃないかあ」ってやつですね。その通りでしょうが。まあ、ここでは、月給ベースなんですが、医療福祉の正社員の平均月給は、29万3千円。一番高いのが情報通信業の40万円。二番目は教育・学習支援業の39万5千円、三番目に高いのが金融業・保険業の39万2千円。逆に一番低いのが、宿泊業・飲食業の26万1千円です。医療・福祉業は12種中、8位でした。

今回調べた数字をどのように捉えればいいのだろう???介護職員の給料の実態には届きませんでしたが、何となく現実が見えるなあと思いました。それにしても口説いようですが(実際口説い)、50代正社員の全業種平均年収が730万円というのには愕然としました。何度も言いますが、『平均』ですからねえ。僕もかなり、もっともっと頑張らないと・・・ふああ

もう少しちゃんと書きます

昨日の記事は、ちょっと隔たりすぎた書き方でした(反省)。
とはいえ、そんなにずれている訳でもなく、もう少し違う書き方をしてみます。

僕個人の意見としては、介護保険制度の枠組みそのものは、大筋で良いと思っています。地域包括ケアの考え方は、まさに素晴らしい。やっぱり一番の問題は財政だと思うのです。財源さえあって、介護報酬が十分に給付されれば、介護職員の給与もあがり、他の業界と比較した場合の平均年収が引けをとらない、ということになれば優秀な人材も増えていき、最終的には利用者やその家族の当たり前の生活が保たれるのです・・・が、その財源がないから、現実的な施策として、現在の状況があるわけです。で、これもやむを得ないとは思います。思いますが、やはり、このままでは、良い人材が集まらないことも事実なのです。

では、どうするのか?僕は、介護保険制度について、大幅な規制緩和が必要だと思います(虐待についてだけは、厳格な処分が必要だと思いますが)。人員基準や料金設定(値引きも含めて)など。わかるんです、これも。ある程度の基準がないと無法地帯とかす事を。でも、それって、転倒事故を恐れて、なるべく利用者が動かないように行動を制限するのと似ていると思うのです。元気で楽しく、自分らしく生きるためには、なるべく自由でなくてはならない。でもそうすると転倒して歩けなくリスクだってもちろんある。僕だったら前者を選びます。話がそれましたが、本当に現状を打破しようと思うなら、勇気が必要なんだと思います。

ここまでの話で少しはご理解いただけたかもしれませんが、介護付き有料老人ホームよりサービス付き高齢者向け住宅を運営する方が良いと書いてのは、規制がはるかに少ないからです。そして、利用者自身がリスクを追わなければならないところもあるけど、自由もある。しかも、在宅サービスを自由に選択できるので、外出の機会も増えるし、日常で誰かと話したり相談がしたいときや緊急事態が発生したらサ付きの職員がサポートしてくれる。

平成30年の介護と医療のダブル改正。ここから数年で、介護業界はこれまでに経験したことのない、淘汰の大津波がやってくると思います。僕個人としても、雇用してくれている会社のために、大津波に飲み込まれないための具体的な提案をしていきたいです。軽度者の適用範囲の見直しや、総合支援事業への移行だけでなく、実は、『特定施設(介護付き有料老人ホーム)の経営は安心』という神話についても見直すべきだと思います。
プロフィール

ぺてん

Author:ぺてん
はじめまして。ぺてんです。
これまで20数年、福祉や教育に携わってきました。
そんな中で、福祉事業に携わる多くの方々、それは経営者だったり、管理職だったり、現場のスタッフ、あるいは利用者本人やその家族かもしれませんが、そんな皆さんの垣根を越えた学びや意見交換の場所が欲しいと思いこのブログを立ち上げました。
ご遠慮なく、どしどしコメントお願いします!なお、このブログは完全リンクフリーですので、こちらへのご連絡なくリンクを貼って頂いただければと思います。
よろしくお願いします!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
福祉・ボランティア
2046位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
福祉情報・ニュース
545位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。